街金アロー 金利

街金アローの金利

同じ街金のアローの金融商品でも、申し込み条件は同じとは限りませんので念のためしっかり確認しておくことが大切です。

アローの口コミでもたびたび登場する「フリープラン」などに新規で申し込む場合は、年齢制限として未成年者または66歳以上の方は借り入れできないのですが、限度額の増額申請や再利用の申し込みをする場合の利用条件は66歳以上のところが71歳以上に変わります。

 

街金のアローにはフリープランの他に、「貸金業法に基づく借換ローン」があります。
複数の金融機関から融資を受けている場合に、一本化する借り換えローン商品です。
俗に「おまとめローン」と呼ばれることが多い商品で、こちらもフリープランと同様に利用限度額は200万円まで、金利は年率15.00%〜19.94%となっています。
フリープランの方が融資を受けたお金は使途が問われることがありませんが、 こちらはみなし貸金業者も含めた貸金業者からの債務の借り換えに用いられるお金です。

 

おまとめローンは一般的に、借り換えする以前よりもした後の方が金利が抑えられるとは限りません。
しかし、基本的にはバラバラに少額ずつ借り入れをするとそれぞれにかかる金利が高くつきますが、1つにまとめて大口融資にすれば金利は少なくなりますので、それだけでも低金利化させられます。

 

貸金業法が改正される以前に貸金業者からした借金の返済が残っている場合、法外に高い金利をつけられているとすれば、おまとめローンに一本化することによって飛躍的に借金の利息を減らすことができます。
以前のグレーゾーン金利が問題視されていた当時は年率29.2%とかなりの高さでした。

 

現在の上限金利は、借り入れをする金額が100万円以上になると年率15%まで、10万円以上100万円未満なら年率18%まで、10万円未満になると年率20%までしか課すことができません。
もしかしたら一度支払った借金が戻ってくることも考えられます。
詳しくは、弁護士さんなど専門家に相談してみてください。

 

 

関連ページ

口コミで気になる街金アローの申し込み条件は?
街金のアローの審査は最短45分で完了するということですから、平日の午前中などの早い時間に申し込みをすれば、即日融資も期待できるのではないでしょうか。アローのホームページを見てみると、会員専用の追加振り込みの申込みや、利用中の方の限度額増額審査や再利用の申込み画面がありますので、ローンカードが発行されるタイプではないのかもしれません。
街金アローの口コミ
街金のアローで実際に申し込みをして審査を受けた方たちは、どのような印象を受けたのでしょう。インターネットの口コミを探してみました。
アローなど口コミで話題の街金を1社に絞り込むポイント
中小消費者金融は大手のようにテレビCMや広告を大々的に打っているわけではありませんので、誰もがすぐに名前をあげられるほど知名度がないのが一般的です。普通の中小企業が全国ネットでCMを流していないのと同様で、消費者金融でも中小のところは宣伝に莫大な費用を投じることはほとんどないでしょう。